掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

患者と医療者のコミュニケーション
トリプルネガティブ乳癌の予後について
えみ(埼玉県) 2019/10/04
初めてこの掲示板に投稿させていただきます。
今年3月に乳癌検診のマンモで乳癌疑いを指摘され、4月に確定診断されました。
現在は術前抗がん剤治療中(EC⇒ドセ)です。
(病理検査結果)
・浸潤性乳管癌(サイズ45×36×26)
・遠隔転移なし リンパ転移あり ステージ2B
・HG3 NG3 HIB1 95%
・ホルモン陰性 HER2陰性 トリプルネガティブ
※1年前のマンモ検査では全く異常がなく、増殖の早い癌と言われてます。

ECの抗がん剤終了時の検査では、サイズは半分、容積は1/4に縮小し、主治医も大変喜んで下さってます。幸い抗がん剤の副作用もひどくないので、仕事も続けながら治療中です。

乳癌と診断されて半年、幸い信頼できる主治医に診ていただき、前向きに治療しております。
増殖の早い癌であること、微小転移のリスクも主治医から説明されており、理解しておりますが、自分の身体にある癌のこと、予後についてもう少し知りたくなりました。抗がん剤が効いて縮小したことで、欲が出たのかもしれませんが(笑)…。
仕事は個人事業を営んでおり、今は治療スケジュールを優先して無理なく続けておりますが、いつまで続けられるのか、迷惑をかけないように縮小や閉鎖も視野に入れた方が良いのかも気になっております。
トリプルネガティブの場合、早い時期にに転移するという情報を目にしましたが、私の場合はしこりが大きかったこと、増殖スピードから転移する可能性が高いと思っておりますが、この考え方で間違っていないでしょうか?抗がん剤が効いているので、そのリスクが(もしかしたら)低くなっていることも考えられるでしょうか?
トリプルネガティブ乳癌は、今後分子標的の治療が認可されるというニュースも喜ばしく思っております。
お答えいただける範囲で構いません。ご助言いただけるとありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。



編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。