掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

エッセイを読んで
乳がんのグレード毎の生存率、再発率について
budda(滋賀県) 2020/01/02
こんにちは。
8月よりEC3カ月、アブラキサン3カ月中。来週最後のアブラキサン、1月末に手術予定の乳がん患者です。

8月の告知時の検査結果は以下のとおりです。

40代
ルミナールb
ステージ3b 皮膚浸潤あり
3.0x22mm 脇下リンパ転移あり10mm
核グレード3
ki67 25.6%
preliminary modified bloom_richardson grade2
HER2: score 2+, ER: >95%, PgR: >95%
CK19(++)
M-G2(20-50%)
til<1%

在、多少の末端痺れ、筋肉痛、足の動きにくさ、疲れやすさはありますが、休みながらも通勤しています。免疫を上げるべく体温上昇の為好きなものを我慢しすぎず、なくなるべく免疫力アップを期待できる食材を取り、温泉やお風呂でリラックスするようにしています。

10月の途中検査では、抗がん剤の効果が出ているとの主治医からの嬉しい言葉もいただきましま。現在、まだ手に触れるしこりが1cm強程あり、手術に向けての不安もありますが、なんとか最善の方向に進む事をイメージして乗り越えていきたいと思っています。

自分の可能性を全て知って、それに向けて対策、心の準備、出来る選択肢を増やす、ということを取り組みたい性格なので、生存率、再発率を知りたく思っています。

ステージ毎の生存率は簡単に検索できるのですが、グレード毎の生存率、再発率を教えていただきたいです。(グレード3は予後不良という表現は何度も見ましたが、何をもって予後不良と表現するのかわかりませんでした)。

わかれば、私のタイプの乳がんのグレード毎の生存率、再発率を教えてください。

あくまでも私のタイプで、その数値は必ず私に当てはまるものではないことは承知です。それを超えることを最低限の目標として、モチベーションをあげたいです。
よろしくお願いいたします。

編集削除|編集キー

Re:乳がんのグレード毎の生存率、再発率について
N(静岡県) 2020/01/15
buddaさん

静岡で看護師をしているNと申します。お返事が遅くなり、すみません。
Buddaさん、化学療法中で症状がある中でも生活や食事を工夫されていること、また治療に前向きに努められている様子を投稿いただき、掲示板を見てくださる他の患者様の力にもなっていると感じました。ご投稿ありがとうございます。(私たち医療者よりも患者さん自身の言葉が一番響くのではないかと思っています。)

ご質問にありました、グレードごとの生存率や再発率についてですが、以下のサイトがあり確認することができます(この掲示板がこちらのサイトを推奨しているということではありません。)また、英語でのサイトであることをご了承ください。
CancerMath.net
http://www.lifemath.net/cancer/
Predict
http://www.predict.nhs.uk/predict.html

buddaさんも記載して頂いている通り、あくまでも全体の平均であること、必ずしもbuddaさんに当てはまるものではないということはご承知おきくださいね。掲示板にbuddaさんの診断内容を丁寧に記載してくれてはいますが、一番buddaさんの状態を把握されているのは担当医の先生であると思います。担当医の先生に伺うことも1つであると思います。担当医の先生に聞くことが目的ではなくここで質問されたのかもしれませんが、担当医の先生に聞きにくい場合は、看護師、薬剤師など他の医療者に声をかけていただくのも良いと思います。私たち医療者は、buddaさんの目標を共有して共に治療に臨んでいきたいと思っております。今後もbuddaさんが前向きに生活できることを祈っております。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。