掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
放射線治療と免疫
あーち(東京都) 2020/05/03
先日、放射線腫瘍学会がアナウンスメントを出しました。それによると、早期乳がんの手術後の放射線治療で、免疫が低下することはほとんどない、とされています。

https://www.jastro.or.jp/customer/news/20200425.pdf

私が放射線治療を受けたとき、まだ術後のホルモン療法が始まっていなかったにも拘わらず、治療前と、ほとんど終わりの頃とで、以下のような変化がありました。

白血球数(/μl):6100 => 4700(その後5年間時々3800まで落ちました)
リンパ球の比率(%):29.5 => 12.3
リンパ球数(/μl):1800 => 578
好中球との比率:2.03 => 5.85

学会では白血球の減少は「まれに」と書かれていますが、私が経験したリンパ球の減少は、滅多にないことだったのでしょうか?

一般論が分からないので、ご教示いただければ幸いです。

編集削除|編集キー

Re:放射線治療と免疫
上野 直人(海外在住) 2020/05/03
ガイドラインにも記載されているように、放射線治療によって免疫力が劇的に低下することはありません。もちろん、放射線肺炎のように放射線による大きな合併症を起こした場合は、患者さんが感染症にかかりやすくなる可能性があります。

白血球やリンパ球の数や比率のような数字を使っても、全体の免疫機能はわかりません。これらの変化は相対的なものであり、免疫システムで何が起こっているのかをあまり教えてくれません。ですから、検査では免疫機能レベルを予測することはできません。ご心配なのはわかりますが、検査で極端な変化がない限り、あまり心配する必要はないと思います。

編集削除|編集キー

Re:放射線治療と免疫
あーち(東京都) 2020/05/03
上野先生

お返事ありがとうございました。
学会のアナウンスメントについて疑問を感じていましたが、間違っているとも正解ともいいにくい表現と理解しました。
「免疫」という聞き方もよくなかったかもしれません。
平均的にどの程度数値が変化するのか関心はあるのですが、自分でも探してみようと思います。

編集削除|編集キー

Re:放射線治療と免疫
上野 直人(海外在住) 2020/05/03
確信はないのですが、おそらく、平均的に変化するデーターと免疫低下を示す、科学的根拠の高いものは、無いとおもいます。

編集削除|編集キー

Re:放射線治療と免疫
あーち(東京都) 2020/05/03
お返事ありがとうございます。
承知しました。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。