掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
乳ガンHER2陽性ホルモン感受性が低いタイプのホルモン治療
ジューンベリー(神奈川県) 2020/05/12
ホルモン治療を受けるかどうかはわたしの気持ち次第です、という話を主治医から頂き判断着きかねております。
どう考えたら良いのか、何を判断材料にしたら良いのか、受診した時にとっさに伺えませんでした。

53才
昨年6月乳ガンの診断を受け針生検査の結果
ER 8% PgR 0%
HER2 3+
Ki67 5~10%
unclear grade:Grade 1 (unclear atypia:2,mitotic count :1)
histological grading :Grade Ⅱ

8月に部分切除をし、
1.3×1.1×1.0 センチ
リンパ節への転移なし
血管への侵襲はあり 
切断面陰性

FEC 4回、ドセタキセル4回を終えました。
ドセタキセルからハーセプチンを始め13回の予定
放射線治療25回を終了したところです
閉経しています

主治医のご説明では、ホルモン感受性が10%あれば勧めるが、8%なので積極的に受けたいという希望がなければやらなくて良い、ということでした。
ガンの性質によって10%で区切る考え方があるのですね、そのような治験データがあるのでしょうか?

また、主治医は、この病院の検査では検査した細胞全体がうっすらと反応したのか、特定の細胞が8%反応したのか分からない。ガン細胞は複数の性質を持っている場合もあり検査する部分で結果が違うこともある、とおっしゃっていました。

と言うことは、強く反応した細胞が数は少ないながら有ったと考えることもできますし、もう一度別の部分で検査したら反応が強くでるかもしれない、ということにもなると思います。
その上でホルモン治療を積極的に勧めて下さらないのは、よほど効果が期待できないのかな、と思います。
何を判断材料にして決めたら良いのか困ってしまいました。主治医はわたしの気持ちで良いとおっしゃいますが、気持ちが決められません。6月の受診までに決めてくださいと言われまして、こちらに、投稿した次第です。









編集削除|編集キー

Re:乳ガンHER2陽性ホルモン感受性が低いタイプのホルモン治療
チームより(東京都) 2020/05/18
ジューンベリーさん
内容を拝見させていただきました。

ハーセプチン投与については書き込みいただきましたが、
手術時のERなどの結果はどのような状況だったかわかりますでしょうか。

書き込みですと、「針生検時の」ER、PgR、HER2、Ki67となっておりました。
もしわかれば「手術時の」結果も教えていただければアドバイスをする際の参考になると思います。

編集削除|編集キー

Re:乳ガンHER2陽性ホルモン感受性が低いタイプのホルモン治療
ジューンベリー(神奈川県) 2020/05/18
お忙しい中、返信有り難うございました。

手術時のERの検査結果ですが、それが有るのかどうか主治医に伺ってみます。来週5月25日(月)に予約が取れました。
返信はその後に早急にさせて頂きます。

一般的には生検と手術時の2回、検査結果が出るものなのでしょうか?
今まで主治医から頂いた病理組織診断報告書は一通です。採取日は生検の日にちになっています。
報告書には「追加報告」「前回報告分」という記載もあります、その意味もよく分からないので主治医に伺ってみようと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

編集削除|編集キー

Re:乳ガンHER2陽性ホルモン感受性が低いタイプのホルモン治療
ジューンベリー(神奈川県) 2020/05/23
お世話になります。

今朝、主治医からお電話を頂きまして、手術時の検査について伺えました。
神奈川県では2回目の検査は保険適用にならないので、検査は1回になるそうです。
先日のメールに記しました生検の結果のみでの判断ということになるそうです。
書き忘れましたが

波及度 f

という記載もありました。

手術の後には、
端断陰性 
センチネルリンパ生検陰性
リンパ腺への侵襲なし
血管への侵襲はありました
と口頭で伺いました。

ご専門の方からの視点で、どの結果に着眼したら良いのか、また判断するうえでの考え方など教えて頂けると有り難いです。

新型コロナウイルス感染症対策で、大変お忙しいと思います。そんな中、返信頂けたことに感謝申し上げます。








編集削除|編集キー

Re:乳ガンHER2陽性ホルモン感受性が低いタイプのホルモン治療
A(東京都) 2020/05/26
ジューンベリーさん、先日返信させていただきました、こちらのチームの東京都のAと申します。
主治医の先生に確認いただきありがとうございました。
お電話で早々に対応いただいたとのこと。
とても親身に考えてくださる先生が主治医なのですね。

さて、ご質問ですが、乳がんの治療を決める指標が日本で作られており
「ガイドライン」と呼ばれています。
治験データがありますかと記載がありましたが、治験ではありませんが、これまでのいろいろな施設の報告の結果(データ)から、日本の乳がんの治療方針を示すガイドラインの中には、「エストロゲンレセプター(ER)、プロゲステロンレセプター(PgR)どちらか一方に陽性細胞が少数でも認められる場合には内分泌療法を考慮することは可能だが、占有率の低い、例えば10%未満の場合は、メリット・デメリットのバランスを検討して内分泌療法を行うか決定する」というような記載が明確にあります。

今回の結果は、「8%」と値が高くなく、また、主治医の先生が計画なさった薬物療法(化学療法、分子標的療法)、そして放射線治療をジューンベリーさんがきちんと行っていますので、「積極的に受けたいという気持ちがなければやめましょう」という主治医の先生のおっしゃる通りで、有害事象が出る可能性などを考えると、内分泌療法は必須の治療ではないとの主治医の先生のお考えは、治療方針のひとつと思います。

主治医の先生が様々な知見をもとに治療の方向性を決めてくださっていると拝見しております。これからもジューンベリーさんの治療が順調に進みますように、我々も陰ながら応援しております。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。