掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

患者と医療者のコミュニケーション
主治医にどこまでお話をするか悩んでいます
ひとりぼっち(東京都) 2020/09/06
こんばんは。

以前、こちらでお世話になっておりました。
皆さまのご迷惑になるかと思い、全て削除してしまいましたが、あの時、皆さまがご自身の大切な時間を割いて私の為に色々と考えてくださったお礼もきちんと出来ず、反省しております。
お世話になった方は、いらっしゃらないかもしれませんが、本当にありがとうございました。

肺腺癌とひとりで闘っております。
50代女性です。

初発から1年で脳と左上腕部に骨転移をし、
放射線治療を受け、痛みも軽くなりました。
しかし、4か月後に左上腕部に再々発をしました。

オピオイドによる緩和治療のみという
主治医の先生のご判断でしたが、オピオイドが効かず、タグリッソ80mgに切り替わりました。
幸いにして痛みも軽減しましたが、副作用(吐き気、食欲不振、下痢、口内炎、倦怠感)が強く、40mgに減薬となりました。

私は、複雑性PTSDの持病があります。
そちらの希死念慮を抱え、自殺企図を繰り返しておりました。
PTSDの方の主治医の先生のご尽力により
「生きてみてもいいかな」
と思った時に肺癌が見つかりました。

それでも支え続けてくださり、生きる力を与えてくださった先生でした。

複雑性PTSDの原因となっていた事が解消し、
「私の人生はこれからよ!」
と思った時に転移、再々発。

夫は
「お前、死ぬからってー」
と枕詞を使いますし、通院の付き添いを
お願いしても
「土曜日ならいいよ。」
と休診日を指定するありさま。
子ども達も父親に右へ倣えです。

家族の為に生きようと思う気持ちは全くありません。
自宅にいる事も辛くなり、家を出てひとりで暮らしています。

先日、タグリッソの副作用が強く出た上に
PTSDが悪さしてしまい、自暴自棄になり、肺癌治療の経過観察の為の検査や診察の予約を全てキャンセルしてしまいました。
そして、ほとんど食事も取れず、横になって耐えています。

メンタルの方の主治医の先生に聞かれたので、お話すると
「そんな事は絶対にしたらいけない。『こいつ、やる気ない』と思われて後回しになってしまう。」
とひどく叱られました。

そんな私でも、タグリッソだけは、きちんと飲み続けています。

それは、両方の主治医の先生を裏切りたくないギリギリのラインだからです。

がんに罹患し、生きる希望を失ったり、うつ病になったり、治療疲れをしてしまったりして、「死にたい」と思う患者さんと対面される事はあるかと存じますが、
私のようにメンタル疾患による希死念慮が先の患者と関わられた先生がおられましたら、
医師としてどうされたか、
また、どのようにして欲しかったか、
お聞かせいただけないでしょうか?

現時点では、肺癌の主治医の先生には、
うつ病とお話してあり、自殺企図を繰り返した事や両方の疾患により自暴自棄になり、希死念慮に襲われるお話はしておりません。

私自身もメンタル疾患からくる希死念慮と
肺癌からくる希死念慮は別物として
関わってまいりましたが、2年半が経ち、
疲れてしまいました。

PTSDの治療をしてくださっている先生の事を
考えると自ら命を断つことはどうしても出来ません。

稚拙な文章となり、誠に申し訳ございませんが、ご経験談をお聞かせいただけますと幸いです。

よろしくお願い致します。

編集削除|編集キー

Re:主治医にどこまでお話をするか悩んでいます
A(埼玉県) 2020/09/10


ひとりぼっちさん

以前こちらの掲示板書き込みをしてくださったとのこと、ありがとうございます。また、ご丁寧にお礼のお言葉を頂き、大変嬉しく思います。ありがとうございます。

持病が良くなってきていたところでがんが見つかってしまったとのこと、そして再発を繰り返されているとのこと、大変お辛い状況に向き合われていることとお察し致します。

辛い時は辛い、今は何にもする気がおきなくて受診するのも難しいと正直にお話しても良いと思います。
私がひとりぼっちさんの主治医であれば、急に予約がキャンセルになったらとても心配すると思います。診察に来ていただき、お顔を見てお話を伺い、今のお気持ちをお話し頂けると主治医としてどのようにひとりぼっちさんを助けられるのか検討すると思います。

少しお気持ちが落ち着き、受診してみようかなと思った際に、主治医に今のお気持ちをお話してみてはいかがでしょうか。先生に話がしにくい状況であれば、話しやすい看護師や他の医療従事者にお話しするのも一つです。

精神科の医師と治療に当たる先生同士がコミュニケーション取れていることは理想ですが、きっとそれぞれにご通院されているものと思います。

そのような中でうまく気持ちが伝えられず、時には自暴自棄になってしまうことや希死念慮を抱くこともあるかと思います。しかし、これまで力になってくれたメンタルの主治医の先生や、肺をみてくれている主治医、そして私たちもおります。一人ではないことをどうぞ忘れずに、周りの方に頼って下さい。

一人で抱え込まずにお過ごし頂ければと思います。またいつでもこちらにいらして下さい。

編集削除|編集キー

Re:主治医にどこまでお話をするか悩んでいます
ひとりぼっち(東京都) 2020/09/11
Aさま

コメントをありがとうございます。
とても嬉しかったです。
Aさまは、お医者さまでしょうか?

コメントを拝読させていただき、
シンプルに
「今は何にもする気がおきなくて受診するのも難しいのでキャンセルさせていただけますか?」
とお願いすればいいと思いました。

おっしゃる通り、肺とメンタルは、それぞれ専門病院でお世話になっていて、別病院です。
メンタルの方の主治医の先生が肺の方の主治医の先生にマメにお手紙を書いてくださっています。

社会過剰適応という診断もされていて、私の生育歴や抱えている症状は、ご専門の先生でも理解する事が非常に難しいと言われています。

なので、シンプルにお伝えしていく事を心掛けたいと思います。

親兄弟に手助けしてもらう事は一切許されない環境で育ったものですから、一人で頑張ってきました。

何とか自分で。
と思いながらも、このように相談させていただき、心が救われるコメントをいただきまして、スッキリしました。

ありがとうございました。

編集削除|編集キー

Re:主治医にどこまでお話をするか悩んでいます
K(東京都) 2020/09/14
ひとりぼっちさん

Kと申します。
少しでもご安心頂けたようで、私達も嬉しく思います。
メンタルの先生と肺の先生との間で、やりとりをして下さっているとのこと、大変安心しました。ひとりぼっちさんにとって、とても良い事だと思います。

ひとりぼっちさんが伝えたいと思った時に、ありのままのお気持ちを伝えていただければ、きっと主治医の先生方も受け止めてくださると思います。
また、何かあればこちらにご相談下さい。

編集削除|編集キー

Re:主治医にどこまでお話をするか悩んでいます
ひとりぼっち(東京都) 2020/09/15
Kさま

コメントをありがとうございます。
お二人の先生にコメントをいただき、
「ひとりじゃないんだ」
と強く感じる事が出来ました。
ありがとうございます。

肺癌StageⅣで寛解して、10年20年と
日常生活を支障なく過ごせている方って
おられるのでしょうか?

洋服なども、今年限りで、来年は着ることも
ないから…と買わなくなりました。
すると、楽しみも減ってしまいます。
でも、働けなくなりましたから、
お金は大事です。

そこで気持ちが揺れ動いてしまっています。

編集削除|編集キー

Re:主治医にどこまでお話をするか悩んでいます
A(埼玉県) 2020/09/19
ひとりぼっちさん

体調によって、気持ちが揺れ動くことも多いと思います。
掲示板はたくさんの専門職チームで対応させて頂いております。その経験の中で、進行期肺がんの患者さんで治療をしながら10年以上拝診されている方もいらっしゃるとのことです。
元気でいる人も実際におりますので、そうなることを願っています。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。