掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
神経浸潤してしまったガンについて
みどり(神奈川県) 2020/09/12
初めて投稿させていただきます。71才の母がステージ4の虫垂ガン、肺、肝臓、仙骨への転移があり、中でも仙骨にできた腫瘍で歩行に支障が出ている状態です。骨の内側に腫瘍ができてしまい、手術をしようにも神経へ浸潤してしまっているのでできないと言われました。緩和ケアの一環で仙骨への放射線治療、座薬、服用薬で疼痛コントロールをしていますが、それでも痛みがあるようです。先日から定量の抗がん剤服用を始めたところですが、劇薬を飲んでいても疼痛が緩和されないのは、本人もそうですが傍から見ている家族も辛いです。これはもう、どうしようもないことなのでしょうか。

編集削除|編集キー

Re:神経浸潤してしまったガンについて
H(千葉県) 2020/09/15
みどり様
初めまして、病院薬剤師として勤務しておりますHと申します。
お母さまが痛みが緩和されずに辛い思いをされているとのことで、大切な家族が辛い思いをしているのは本当に苦しいことだと思います。まだ複数の手段はあると思いますので、どうか諦めずに日々を過ごしていただければと思い、返答させていただきます。

もし、強い疼痛を和らげる医療用の麻薬をお使いでしたら、最初は副作用が出てしまう方もいるので、少なめの用量から段階的に増やしていきます。ですので、最初は追加で痛み止めを飲む回数も多くなることもありますが、その回数に応じて定期的に飲む量を増やしていくことでコントロールができるようになることが多いです。また、医療用麻薬にも複数の種類がありますので、種類を変更することで疼痛が緩和されることがあります。

放射線治療に関しては、効果が出るまでに1~数ヶ月程度かかることもあります。どのくらいで効果が出てくるかは照射した医師へお尋ねいただくのが良いのですが、もし照射線照射を行ってからまだ日が浅いようでしたら、少し様子を見ていただいても良いかと思います。

薬剤や照射などの治療アプローチ以外にも、動作や姿勢を変えることで痛みが改善されることが期待できます。受診先の病院で、骨転移の手術の可否を判断された整形外科の医師がいらっしゃると思いますので、どういった動作が痛みを悪化させるかやどこに体重をかけないようにするのがよいか尋ねてみるのも一つの方法かと思います。医師、看護師、理学療法士、薬剤師など複数の職種でも情報は共有していくと思いますので、生活や動作で困ったらお近くの看護師さんに相談いただいても良いかと思います。

最後に、いつ痛みが出るのかや、痛み止めを使ったあとの効果はどうか、痛み改善のゴールをどこに持ってくるかを書き出して、受診時に相談いただくこともよくおすすめしております。例えば、夜間痛みで起きることがなく眠れるようになる、とかトイレに行く際にスムーズにできるとかどんなことでも構いません。それらの情報を記載して伝えていただくことで医療スタッフとしても患者さんやご家族と情報を共有でき、大変ありがたいと思っています。

すでにご存知のことや実践されていることでしたら申し訳ありません。少しでもみどり様とお母さまの助けになれば幸いです。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。